加工ノウハウ

非接触の3次元測定対応

CADデータを利用した非接触の3次元測定
更新日: 2013/08/27
<提案前>
以前は素材の測定はMK検査(マーキング)
のみの検査で、寸法が測れない箇所があり、検証に問題があった。又、具体的な数値や傾向が分かりにくい状態でした。
上記の理由とお客様のニーズが高まってきた為、
アルミ鋳物スピードファクトリーでは
最新の非接触の3次元デジタイザを導入しました。これによりCADデータとの偏差をμレベルで、
寸法を測定することが可能であり、
加工代の確認や、素材の捻れ、歪の傾向もデータで残す事が可能です。
又、測定のみのお客様の要望が高まってきており、弊社の品質保証の観点からも
非常に役立っているノウハウとなっています。
加工事例集無料プレゼント加工ノウハウ集無料プレゼント

FAXは用紙はこちら

メールでのお問い合わせはこちらをクリック